PAGE
TOP

期間工で無理なく健康に働くためには

期間工の仕事は夜勤があるものが多いため、睡眠不足などによる健康への悪影響は気になるところです。そんな期間工の仕事をなるべく健康的にこなしていくためにはどのような工夫をすればいいのか、ここではその疑問を解決するためのポイントをいくつかご紹介します。

期間工の仕事は比較的高収入であるという点に魅力を感じる人が多いですが、気になるのが夜勤による睡眠不足など、健康に対する影響です。

期間工として無理なく、健康を損ねることなく働くにはどのような工夫をすべきなのか、ここではそのコツなどをご紹介します。

夜勤で健康を損ねないための睡眠の工夫

期間工の仕事は、夜勤をともなうケースが大多数となっているので、いかに夜勤を無理なくこなして、睡眠への影響を最小限にとどめるかが、健康を保ちながら働けるかどうかの最大のポイントとなります。

夜勤で健康を損ねないための睡眠の工夫としては

・休憩時間は仮眠する
・部屋のカーテンは遮光カーテンにする
・耳栓を用意しておく
・夜勤からの帰り道はサングラスをかける
・土日の休みも利用してペースを整える

といったものが挙げられます。

それぞれのポイントについて解説します。

「期間工ジョブ」で期間工の求人を探す

1. 休憩時間のこまめな仮眠が健康維持に役立つ

休憩時間はホッと一息入れるためにコーヒーでも飲みたいなどと考える人も多いですが、夜勤の休憩時間の過ごし方としてもっともおすすめなのは仮眠をとることです。

休憩時間での仮眠はもっとも重要なポイントで、仮眠をとることで夜勤中だけでなく夜勤後の疲労も軽減できるという効果があります。

疲労軽減のために理想的な仮眠時間は2時間ですが、たとえほんの10分程度の仮眠であってもそれなりの疲労軽減とリフレッシュ効果が期待できますので、やるのとやらないのとでは大違いです。

夜勤時のリフレッシュのためにはコーヒーなどの飲み物より睡眠、と覚えておきましょう。

ただし、仮眠を取れる時間が短い場合、アラームをかけておかないと寝過ごしてしまう可能性がありますので仮眠をとる前には必ずアラームセットを忘れないよう気をつけましょう。

2. 明るい部屋では熟睡できない

まず、自宅や寮など、自分の部屋のカーテンは遮光カーテンを使いましょう。

日の光が入ってくる遮光性の弱いカーテンでは部屋にも光が入ってそれなりの明るさとなってしまい、眠りが浅くなり睡眠の質が落ちることにつながります。

遮光カーテンによって日中でもカーテンをきちんと閉めたら夜のように暗い、という環境をつくるのが理想的です。

3. 日中の雑音も遮断しよう

日中は多くの人が外で活動しているだけに、夜勤明けで寝ようとしてもいろんな音や声が耳に入ってきて、それが気になって寝つけなくなる、という人も少なくありません。

周囲の音や声が気になる場合は、耳栓を利用して物理的に音や声の影響を減らしましょう。

耳栓は、100円ショップで売っているような安いものでかまいません。

4. 夜勤からの帰り道で明るい日の光を見るのはNG

夜勤からの帰り道で明るい日の光を見てしまうと、自宅に帰ってからの寝つきが悪くなって睡眠に悪影響を与えてしまいます。

太陽光をカットするサングラスをかけるなどして、この影響を最小限に食い止めましょう。

5. 土日の休みは睡眠サイクルを調整するチャンス

期間工の仕事の多くは土日が休みとなっていますので、この休みを睡眠サイクル調整に有効活用しましょう。

人によって好みの睡眠サイクルは異なりますが、たとえば夜勤明けの土曜日はお昼ごろまで仮眠して午後からは普通に遊んで多少夜更かしをし、日曜日も朝はある程度遅い時間に起きて日中は活動して多少夜更かしをし、月曜日は普通に起きたうえで日中に仮眠をとって夜勤に出る、などというやり方から試してみるといいでしょう。

1番してはいけないことは、疲れているからといって土日ずっとカーテンを閉めた部屋でゴロゴロ過ごすことです。これをやると生体リズムのメリハリがつかなくなってしまい、睡眠の質が低下して健康に悪影響を及ぼすリスクが高まります。

寝る時は寝る、起きている時間は活動的に過ごす、というメリハリをつけて土日で調整を行いましょう。

夜勤がない期間工を選ぶという手のメリットとデメリット

期間工として無理なく健康的に働くために、夜勤がないところを選べばいいと考える人は少なくありません。

もちろん、そうした職場を選べば夜勤による健康へのリスクは避けられるという大きなメリットがありますが、そもそも期間工求人の大多数は夜勤ありとなっており、日勤のみの期間工求人はかなり少ないのが事実です。

日勤のみの期間工は夜勤手当が一切つかないので収入面もかなり低くなるというデメリットがあります。

期間工は比較的高収入を得られる、というのはあくまで夜勤ありの場合の話であって日勤ではそこまで稼げないということ、日勤のみにこだわると期間工求人の選択肢が非常に限られてしまうというデメリットがあります。

これらのメリットとデメリットをみて日勤のみにこだわるべきなのかどうか、それとも夜勤をしながらも健康を損なわないための工夫をしたほうが合理的なのか、今一度しっかりと考えることをおすすめします。

まとめ

期間工の仕事の多くは夜勤があるため、何も工夫をしなければ睡眠リズムが乱れるなどして健康に悪影響を及ぼしてしまうリスクが高いといえます。

しかし、夜勤の休憩時間には仮眠をとるなど、本稿で挙げたポイントを実践するよう心がけていけば、健康へのリスクを大幅に減らすことが可能です。

もちろん、夜勤がない期間工の仕事を選ぶという手もありますが、この場合は収入の低さや働き先の選択肢の少なさなどといったデメリットがともなうということを理解しておきましょう。

「期間工ジョブ」で期間工の求人を探す

▼シェアをお願い致します!▼

▼『期間工で無理なく健康に働くためには』の前後の投稿はこちら▼

派遣・人材紹介・業務請負や海外人材活用をお考えの 企業担当者様へ

当社サービスへのご依頼やご質問など、
まずはお気軽にご連絡ください。

企業向けサービス問い合わせ

運営サイト

グループ企業

© シーデーピージャパン株式会社 all rights reserved.