CLOSE

期間工の人間関係は馴染みやすい?働く環境を解説

期間工は、製造業を中心に採用されている雇用方法で、一つの職場で働く期間があらかじめ定められています。「期間工に応募したいけど勤務環境のイメージが浮かばない」「期間工の人間関係ってどうなのだろう」と疑問をお持ちの方はいらっしゃるのではないのでしょうか。

今回はそのような疑問をお持ちの方に向けて、期間工の働き方や期間工として働くメリットとデメリット、現場の人間関係などをご紹介します。

期間工の働き方

期間工とは、製造業の工場勤務者を中心に採用されている雇用方法のことです。

一つの職場での働く期間が定められているという点においては派遣社員と同じですが、派遣社員は派遣元企業と雇用関係を結んでいるのに対して、期間工は企業と直接雇用を結ぶという点が大きく異なります。ここでは、期間工の仕事内容や生活環境などをご説明します。

期間工の業務内容

期間工が行う業務は、自動車工場での車体製造業務や、部品工場の製造ラインでの業務が一般的です。このような業務では、大型の部品を組み立てることがあるため、体力を使うことに加えて、同じ作業を繰り返し行うため、集中力や忍耐力も必要に。

具体的な業務内容は、自動車工場の場合、プレス、溶接、塗装、組み立てなどのいずれかを割り当てられる完全分業制となっています。一つの業務を担当し続けることが多く、たくさんの業務内容を覚える必要がないため、未経験者であっても働きやすい環境であるといえるでしょう。

労働時間は2交代制や3交代制

多くのメーカーの工場では、生産量を上げるために期間工の勤務時間をずらして、2交代制や3交代制を導入していることが一般的です。これは、2交代制は早番と遅番、3交代制であれば早番、遅番、夜勤といったように交代しながら働くということです。

期間工の1日の労働時間は、7時間半~8時間と定められていることが多く、繁忙期には残業が発生することもありますが、その分の残業代はきちんと支払われます。

住居は企業が用意した寮であることが多い

期間工は、企業が用意した寮で生活することが一般的です。寮生活中は通勤交通費や家賃を支払う必要がなくなるため、短期間でも給与の多くを貯蓄に回すことができるでしょう。

企業によっては寮費が必要なことがあるため、気になる方は応募時に確認することがおすすめ。寮費を支払う場合であっても、月々の費用は数千円単位であることが多いため、金銭面の負担は少ないといえます。

期間工として働くメリット

期間工は勤務先の企業と直接雇用関係を結ぶため、派遣会社による「中抜き」が発生しないことから、給与が高めに設定されていることが多くあります。その他、期間工として働くメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

未経験であっても優良企業に応募することができる

期間工の求人には、日本を代表する大手メーカーや、福利厚生がしっかりしている優良企業があります。

期間工は現場で直接教えることが前提で求人募集をしていることが多いため、未経験者であっても優良企業に採用されるチャンスも。

また、期間工として契約満了まで勤務すると、業務に対する姿勢やパフォーマンスなどから総合的に判断され、正社員に登用されることもあります。

社会保険への加入することができる

期間工は一つの職場で働く期間が定められていますが、社会保険への加入が義務づけられています。社会保険へ加入することで「本人を除いた家族が保険の扶養に入ることができる」というメリットも。

ただし、社会保険には被扶養者に対して年間130万円の所得制限(※1)があるため、扶養家族がいらっしゃる方は注意が必要です。また、採用前に国民健康保険に加入していた方は、社会保険へと切り替わる前に国民健康保険の解約を忘れずに行うようにしましょう。

※1 身近な「くらしとお金」の情報をチェックしよう 日本FP協会

寮生活になるため貯金がしやすい

期間工として働く場合、企業が用意した寮で生活することが一般的です。平日は工場と寮の往復になることに加えて、工場は郊外にあることが多いため、お金を使う機会が必然的に減り、貯金がしやすくなるでしょう。

期間工として働くデメリット

期間工として働く際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。実際に期間工として働くことを検討されている方は確認しておくことがおすすめです。

単純作業の繰り返しで飽きる可能性がある

期間工の業務は工場のライン業務であることに加えて、完全分業制になっているため毎日繰り返される単純作業を苦痛に感じてしまうことも。

そのため「契約期間満了まで勤め上げて正社員登用を目指す」や「〇〇円貯金するまで頑張る」と自分なりの目標を持ちながら働くことをおすすめします。

期間工の人間関係とは

一つの職場で決められた期間のみ働く期間工とはいえ、人間関係が気になる方は多いのではないのでしょうか。

企業や配属先によって特色はありますが、期間工同士、期間工と正社員の間で一般的に見られる人間関係についてそれぞれご紹介します。

期間工同士の人間関係

期間工の募集要項は「学歴不問」「職歴不問」としている企業が多いため、同じ企業の期間工として働いていたとしても、さまざまなバックグラウンドを持っている方がいます。

そのため、中には「そもそも期間限定で採用されているから新しく人間関係を作りたくない」「コミュニケーションを取るのが苦手だから休憩時間は一人で過ごしたい」と考えている方がいらっしゃることは事実です。

しかし、期間工は寮生活であることが一般的であり、1日の大半を同じメンバーで過ごすため、期間工同士の仲は比較的良好な企業が多いといわれています。

期間工と正社員の人間関係

期間工を採用している企業では、現場監督を正社員が担当し、実務を期間工としていることが多く見受けられます。

そのため、期間工同士の関係性と比較すると、正社員と期間工の関係性は希薄であることが一般的です。しかし、中には休憩時の食堂で正社員と期間工が談笑していることもあり、正社員と期間工の関係性は企業によって異なります。

期間工として働く場合は目的をきちんと持つことが大切

期間工の働き方や現場の人間関係、期間工として働くメリット・デメリットについて解説しました。期間工は、学歴や職歴は関係なく、誰でも採用されるチャンスがあるもの。

また、正社員として求人応募した場合は高倍率で面接を突破することが難しいような優良企業でも、期間工に対して正社員登用を設けている場合があります。
業務内容は単調で根気が必要になりますが、目標を持って契約満期まで働き続けることによって、将来の選択肢が広がるでしょう。

「期間工ジョブ」で期間工の求人を探す

▼シェアをお願い致します!▼

▼『期間工の人間関係は馴染みやすい?働く環境を解説』の前後の投稿はこちら▼

派遣・人材紹介・業務請負をご検討の企業様へ
ご相談・お問い合わせはこちら

当社サービスのご依頼、ご質問等、お気軽にご連絡ください。

0120-985-825
(受付時間 平日10:00-18:00)

海外人材や技能実習生の活用をお考えの企業様はこちらから、ご相談・お問い合わせください。

外国人活用支援 »  特定技能 »

ページトップ

期間工ジョブでお仕事を探す!